「リズと青い鳥」感想・考察・ネタバレ無。安易なユリじゃない!輝きを放つ山田演出一覧。

リズと青い鳥ポスター

TV版「響け!ユーフォニアム」シリーズの完全新作劇場版!TV版では泣きながら完走。1でも2でも最後5話位はほとんど2回通しで(慣用句じゃなく思わず二度見するレベル)で大好きなシリーズ。そのスピンオフ的な作品が本作。主人公達ではない部分にフォーカスしているからまた凄いけれど、以前に山田監督はTV作品「たまこまーけっと」のスピンオフながら独立したどえらい面白い作品「たまこラブストーリー」を作ってくださっていますので、心配ご無用。本作も、前作なしで十分面白い独立した作品となっておりました。

スポンサーリンク

基本情報

監督
山田尚子
原作
武田綾乃
脚本
吉田玲子
キャラクターデザイン
西屋太志
美術監督
篠原睦雄
色彩設計
石田奈央美
楽器設定
高橋博行
撮影監督
高尾一也
3D監督
梅津哲郎
音響監督
鶴岡陽太
音楽
牛尾憲輔
アニメーション制作
京都アニメーション
公開
2018年4月21日

キャスト(声の出演)
鎧塚みぞれ-種崎敦美
傘木希美-東山奈央
リズ/少女-本田望結
中川夏紀-藤村鼓乃美
吉川優子-山岡ゆり
剣崎梨々花-杉浦しおり
新山聡美-桑島法子
滝昇-櫻井孝宏

「あらすじ」
北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、ともに3年生となり、最後となるコンクールを控えていた。コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあったが、親友同士の2人の掛け合いはなぜかうまくかみ合わず……、二人の関係が変化していく中で、それぞれはどう向き合い、成長していくのか。

※致命的なネタバレはしません

あなたはどう思っているの? 想いのすれ違いが最高に切ない

みぞれの特別な想いと、希美のみぞれへの気持ちは全く別種なもので、それがどこまでも切ない。本作で私が一番感動した部分だ。と同時にこんな”親友”の描き方もあったのかと、驚きと発見があった。紛れもなく親友の二人なのに、お互いへの想いはこんなにも違く、それが部活である音楽において互いに隔たりとなっている。
男同士ではこうはならないし、大学生位になって広い視野を持ってしまってもやはりこうはならない。高校生、そして卒業を意識する三年生という絶妙な時期だからこそ可能なテーマなのだ。そして、吹奏楽という微妙かつ精神性が音色にも反映する美しい表現だからこそ、これだけ繊細で美しい作品になったのだと思う。そう思うと、この作品と同じテーマ、類似した演出は二度とないだろうと断言できる。何しろ、テーマがニッチで個人的過ぎるし、儚すぎる演出だからだ。もう少し細かく掘り下げていきたい。

ニッチなのは、ざらついてるけど決して”百合もの”には舵を切ってないから

本作を”百合もの”と言う人は多いと思う。TVシリーズにおいても。みぞれのとって希美は”特別”だとハッキリ言っている。その二人を掘り下げているのだから、当然これは「特別な関係の少女のお話」となると考えるのが普通だし、実際そんな風に捉える事だって出来る作品だ。だが、私はそうではないと言いたい。そういう要素もあるが、本作は「百合もの」だけでは決してない。あくまで、二人の気持ちと関係にとことんまで深掘りしたお話なのだ。その表も裏も、心の浅い部分も深い部分も全て描いたツーショットを観るのは、いまにも壊れそうなシャボン玉を眺めているような気持ちにさせる。 これが割れてしまったら一体どうなってしまうのだろうと思わせる危うさと儚さこそ本作の一番の見どころと言える。では一体どこが、そんなに繊細で、儚く美しいのだろうか。

瞬き、足音、揺れる髪の束、掛け合いのテンポにまで込められた繊細さと想いの行間演出

これぞ山田演出と言える珠玉の演出の数々、アバン(冒頭のトップシーン)で既に(これはもう咳はおろか、よそ見なんてできねーぞ!)と思わせる程の記号の多さ。こんなに「ただ二人の女の子が朝、待ち合わせして音楽室まで歩くだけ」のシーンで情報を多彩にぶち込んで来るアニメ観た事ねー!と思いますが、それはアニメ界の「行間演出の女王」(私が勝手に命名)山田尚子氏の作品ですから、当然です。TVシリーズしかり、過去の監督作品 劇場版「聲の形」「たまこラブストーリー」でも台詞外の仕草や光の当て方、メタファー的演出等、行間で魅せる演出は、ファンタスティック!日本の宝だと思います。本作も光ってました。行間!もう合いの手一つ、聞き返し方一つとってもテンポがずれた瞬間に生まれる相手への疑念や自分の想いの気づき、そんなのが溢れているんです。それらが積み重なって、だんだん張り詰めていく。そこに来て、オーボエとフルートの掛け合いが肝なのにそこが上手く行かないという大きな問題に直面する。さあどうするんだ?何か決定的な事、二人の関係における”何か”が割れてしまうのか?息を潜め見つめていた観客が、息を飲む瞬間に変わるんです。

これは少女が大人へと成長するものがたり

タイトルにも書きましたし、ポスターの「ずっと、ずっと一緒だと思っていた」のキャッチではっきり匂わせています。人はずっと一緒にはいられません。どこかで結局、離れ離れになってしまう。その時、何を選び取るのか?というとても分かりやすい時限爆弾が目に見えるのが高校三年生です。「それでもずっと一緒にいられなくても、気持ちは…」と話し出した時に「そうだね」と返す。その声音が、目線が、テンポが、どうなっているか?を描いた作品なんです。私はこの大人でもなく、それでも子供のように縋りついたり、怒鳴りあったりするわけじゃない部分にとても心を揺り動かされ涙が溢れ出してしまいました。誰だってその時の答えを知らない。うまくやるやり方も知らない事にみぞれと希美という二人が向き合った作品です。

まとめ

相変わらず一定レベルの期待は必ず突破してくれる良作です。90分という短い作品ですが、テンポはものすごく自然体でゆったりしているのでちょうど良いくらいです。しかし、オーボエとフルートで、みぞれと希美の気持ちを描くのは音楽アニメとして当然っちゃあ当然なんですが、本当素晴らしい演出でした。今回は音楽の牛尾さんがマジで良い仕事しまくってた!!でも画のテンポや色彩、光なんかとめちゃんこ絡んでたからサントラじゃ十分じゃないのがちょっと惜しいです。なんにせよ、こういう作品あるから日本のアニメ映画はたまんないです。

○本編の原作本

○別の劇場版「総集編1」

○山田監督の前作

○山田監督の他劇場作(amazon primeで観れます!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク