映画「君が君で君だ」考察・超ネタバレ。気持ち悪いストーカー達は、純情なのか?

スポンサーリンク

基本情報

監督・脚本・原作
松居大悟
製作
間宮登良松
吉崎圭一
前嶋宏
プロデュース
阿部広太郎
撮影
塩谷大樹
音楽
半野喜弘
美術・装飾
遠藤善人
制作会社
レスパスフィルム
配給
ティ・ジョイ
公開
2018年7月7日
上映時間
104分
出演者
尾崎豊:池松壮亮
姫(ソン):キム・コッピ
プラピ:満島真之介
坂本龍馬:大倉孝二
宗太:高杉真宙
友枝:向井理
星野:YOU

「あらすじ」
大好きな女の子の好きな男になりきり共に暮らす三人の男達。彼らは自分の名前すら捨て去り、10年間生きてきた。彼女のあとをつけて、こっそり写真を撮る。彼女と同じ時間に同じ食べものを食べる。向かい合うアパートの一室に身を潜め、決して、彼女にその存在をバレることもなく暮らしてきた。しかし、そんなある日、彼女への借金の取り立てが突如彼らの前に現れ、3人の歯車が狂い出し、物語は大いなる騒動へと発展していく——
(公式HPより引用)

※ネタバレ致します。お気をつけ下さい。

本作を観た人は不思議に思うだろう。
なぜ、こんなにも気持ち悪く、濃厚で、無法地帯で、しかもスッキリしないオチなのに爽やかな観後感なんだろう…と。
それは本作が最終的には シンプルな「卒業」と「恋心」に着地したからだ。
だがそこに至る過程はシンプルとはほど遠い。ラストまでまさに七転八倒にして奇々怪々な展開だった。

そこに潜む三つの魅力的でユニークな要素について語りたい。

1、常に観客の予想を常に裏切る、予定調和に着地させない展開。
2、ストーキングという変態行為を、あたかも三人組の青春夏休み先延ばし手段として描いている。
3、さまざまな間違った愛の形を描いてみせた”愛の過ち”見本市である。

これらの組み合わせは今までにはなかった!全く新しい恋愛映画です。

足し算と新しい掛け合わせの展開が、常にセンセーショナル!

「姫は韓国人女性xストーキングをシェアする三人組」 というフレッシュな取り合わせから始まる。
ストーキングx部活ノリが新しい!と思っていると、姫の彼氏が登場する。
彼氏と同棲している女をストーキングする男三人組という狂気をはらんだ構図に変化する。
と思うと三人組それぞれの心情が明らかになり全然一枚岩じゃない事が徐々に明らかになる。
とあれよあれよとタイミング良く足されていく斬新な要素に目が離せない。
とにかく意外な展開、ギョッとする描写が目まぐるしく映し出される。そんなことを繰り返しては空中分解を起こしそうなところだが、”愛の過ち”という点で統一されている為、それらは”全て愛ゆえ”であり、きちんとキャラクターの特性として一本筋が通っている。

そしてラストに向けては三人共がストーキングを「卒業」する。
その三者三様の愛のあり方と卒業の仕方こそ、本作が私たち観客に届けたかった事だろう。

青春モラトリアムと、隔離された逃避空間という二つの側面を持ったノゾキ部屋

ボロい六畳間に男三人で同じ対象に熱狂し、チームとなってそれぞれが役割を担っているのがこの変態三人組だ。
一人が窓の外で対象(姫)を覗き一挙手一投足を報告し、もう一人が内容筆記。もう一人は音声を拾う。
チームプレーによるストーキングは彼らにとって生きがいであると同時に、仲間を確認し合う儀式でもある。彼らはお互いで気持ちを高め合うと共に、それぞれの致命的な現実から目をそむけ合ってもいる。それらが合わさってまるで熱血部活動のような青春と逃避のモラトリアムが生まれているのが、このノゾキ部屋の中だ。

では、それぞれ一体何から目を背けているのだろうか?
その疑問に真っ向から聞くシーンが出てくる。

金貸しの星野がブラピに対して「あんた一体あそこで何を守っているの?」と問う。
それはそのまま彼の正体、愛のあり方に直結する質問だ。
プラピが守っているものは、あの部屋で三人で熱狂して過ごす日々なのだ。彼が目を背けているものは姫への思いに他ならない。姫への想いを捏造することで、熱狂の日々に興じている。

坂本龍馬が守っているのは、彼女の近くであり続けること。目を背けているのは、彼の愛し方は姫に一度否定されているという事だ。彼は公式の立場として姫の側には居られなくなった存在だ。それでも、自分の愛の正しさだけを盲信している。
それが彼がその部屋に居続ける理由。

尾崎については、詳しく後で書くが守っていることは信仰、目を背けている事は彼女が生身の同じ人間である事だ。

だが、彼らは皆卒業することになる。いずれも目を背けているものに目を向けた時だ。
それは、姫からの卒業ではなく過った愛し方からの卒業なのではないかと思う。
(むしろ姫もまた卒業したうちの一人だ)
その愛し方は尋常ではなかったが、これはあくまで各々の成長の物語で、だからこそ、爽やかなラストにつながるのではないかと思う。

過ちこそ愛、愛ゆえの過ち。その連続!咲き乱れる無様な恋する人間像

一言で言えばとにかくどの愛も”濃厚”につきますが、各人物ごとの愛の本質は一つとして同じものはない。
そして愛が全員もれなくかみ合わず空回りし、間違えてしまっているのが、本作の特に大きな特徴だ。

そもそも「愛」とは誰にとって意味や価値があれば間違えではないのだろうか?

尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬の三人は愛しの”姫”の為に自分の実名を捨て、彼女を見守り続ける事を決める。
ここにまず大きな違和感がある。なぜ実名を捨て彼女が好きだという有名人になろうとするのか?どうして見守り、彼女の全てを知ろうとするのか?

姫が彼らと対峙する中で「そんなの頼んでない」とはっきりとセリフにしている。彼女は頼んでいないし、求めてもいない。
その全ては「彼らがそれをしたいからしている」のだ。エゴである。エゴなら間違えか。現実ではそうでもないが、本作にとっては相手が求めていない愛は間違えなのだ。

だが、本作は真逆の間違いもまた描いている。姫の彼氏である宗太の愛だ。彼は姫を愛していないが、姫に愛されている。
相手が注いでくる愛を、ただ浴び続けているのが宗太のあり方だ。
姫の稼いだ金で生活するヒモであり、遊んで借金を作ったクズである。だが姫がすすんで金を貢いでいる。
「いいの、私が出したいの」と姫はこれまた困惑し弱く拒絶する宗太へセリフにしている。それが彼女の愛の形なのだ。この愛もエゴだ。姫となりきり三人組はそれぞれ似た者同志であり、エゴによる愛の形を信じている。彼らが求めるのはこの自分が信じる愛の形を相手に受け止めてほしい、認めてほしいという事だがそれは叶わない。たった一人尾崎を除いて。

尾崎(なりきり)がたどり着いた”干渉できない超越的存在”という愛の形

尾崎にとって姫は「太陽」だった。オープニングで彼はカラオケボックスで「手のひらを太陽に」を歌っている。
この歌のサビの歌詞はこうだ。
「手のひらを太陽にすかしてみれば/真っ赤に流れる僕の血潮(ちしお)」
太陽の存在によって、自分の流れる血が見える、分かる。生の実感を歌った歌である。
そしてこれはそのまま、尾崎にとっての姫の存在ともリンクする。
尾崎にとって姫に干渉せず、どんな事態も見守り続ける事は自身の生の実感なのだ。

だが、彼はその過程で名前を捨て、人が当然抱く喜怒哀楽、嫉妬や衝動も捨ててしまうことにした。何も求めず、彼女のあらゆるものをそのまま受け容れる事が彼の愛の形だ。

だが、ラスト前で”太陽”だった姫に触れてしまった(触れることが出来た)時に、姫は太陽ではなく、彼は「尾崎」ではなくなってしまった。
そして、ラスト。彼はチープな妄想を抱きながら空港へ向かう。妄想の中で彼は尾崎ではなく、姫は太陽ではない。ただ好きな女の子に会いに行く男の子。というシンプルな恋の物語の始まりで、本作は幕を閉じる。

一番素晴らしかったシーン

尾崎が、ブラと女性ものパンツを身につけた下着姿(姫の?)で、姫が乗り移ったかのような口調とセリフ回しで宗太へ迫るシーン。
尾崎のストーキングの成果が現れると共に、異常さが際立つシーンだが次第に尾崎の心情吐露へと変わり、彼の愛のひたむきさと継続の美学、それでもただ見ているしか出来なかった悔恨へと異常さに彩りが加わり情緒がぐわーと広がる。愛のない宗太へ、その重みが一気にのしかかるシーンだ。正に本作の千変万化する展開、気持ちが荒波に飲まれる叙情演出術の最高潮でした。

まとめ

過った愛を幾度も描きながらも、ラストでは愛をきちんと肯定して終わっているのがとても気持ちいい。見終わった当時は尾崎が信仰を失ったシーンで終わった方が翻弄されまくって勢いあるんじゃないか?と思ったけれどそれじゃあ愛を亡くしたままだと今なら思う。どうしてここまで、ありのまま異常な愛のあり方を描いたのかというとそれはきっと、すべての愛の形を肯定したかったんじゃないかと思います。

「松居大吾監督 関連作品]

スポンサーリンク
スポンサーリンク