映画「はじまりのうた」大好き感想・考察 「本作のキーラ・ナイトレイが一番可愛い!」

※一部ネタバレ致します。

はじまりのうた公開ポスター

きっと監督は、音楽に救われた事があるんだと思う。
そう思えちゃう位、本作は全編に「音楽が持つ輝き」
を強く信じた優しいまぶしさが溢れている。

そして皆で鳴らす事の素晴らしさ
分かち合う事の嬉しさそんなものを見事にあらわした作品。

「あらすじ」
NYを舞台にかつて敏腕だったがすっかり時代に取り残されてしまった
のんだくれ音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)と
傷心のギター弾き女グレタ(キーラ・ナイトレイ)が織り成すラブミュージックムービー。

本作でもジョン・カーニー監督のお家芸とも言える
メロディが曲へと羽ばたく瞬間が見事に描かれている。

バーで、とつとつと弾き語るグレタの才能に電撃を受けたダン。
後ろに置いてあったドラムやピアノが誰もいないのにひとりでに動き出す。
チープなファンタジーのような演出が妙に愛しい。
バイオリンが続き…楽器が重なりハーモニーが生まれる。

曲自体が変わったわけではないし、観ている分には劇的に良い曲になったという
わけではなかったけれど、そこには一つの事が付加されている。
「グッドソング」という一つの幸せに向け分かち合って、生み出す喜びだ。

ファンタジーな演出が、ギャグに見えないのは
瞳を輝かせ、見えない指揮棒を振りながら曲を聴くダンの仕草から
才能を発見し、昇華させたいと思うプロデューサーとして願いと喜びが伝わって来るからだ。
とても願いに満ちたわくわくさせる二人のファースト出会いシーンだ。

上は、もはやお家芸感がある為先に書いたが
本作ならではの良さをいくつかご紹介したい。

スポンサーリンク

NYの街角あちこちで行うレコーディング風景が良い

グレタの才能を見出したダンは彼女のアルバムを作成しようと、
メンバーを探してNYの街角あちこちでレコーディングを始める。

カーディガンズを意識したかのような
コケティッシュなキーラの歌声も素晴らしいが
NYの路地裏はもちろん、ビルの屋上、橋の下、公園、チャイナタウン。
そんな日常の中で目にも留めない場所をチョイスしまくるのがもうドツボ。
風光明媚な非日常は本作にはない。ただ日常に潜む喜びやきらめきを切り取っていくのだ。
ちょっと足を止めて、目を上げ、耳をすませてみなよ。と言われたような気がした。

楽器を持ち寄り音楽が鳴り出すと、まるで見えない扉を開いたかのように不思議と心踊り出す。
何気ない日常が、音楽の力できらめき出すのを見事に描いていたよ!

また弾いてる奴らがどいつもこいつも、楽しそうなのが腹立つ!
何がって、俺も見てるだけじゃなくて混ぜてくれよっ!!
ってそんな気にさせる位、みんなで一つの音楽を奏でる事の楽しさ嬉しさ
(みんな音楽が好き)というシンプルな幸せが溢れてるんですね。

日常が色づくロマンチックなデートシーン

もちろん男と女が主人公ですから、少しずつ二人は距離を縮めていくんです。
ここでも音楽の魔法が二人をぐぐっと近づけさせるんです。

それがこれ「ipodプレイリスト イヤホンデート」!!
もうこれからの時代の新定番ロマンチックデートですよ。

「プレイリストはその人を表す」という台詞の導入から
「見せ合おうか」という流れ
その気恥ずかしさと、相手に知ってほしい。
心許す絶妙な気持ちが浮き上がるのが実にむずキュンで良い!

自分の為にだけ作ったプレイリストを誰かと共有する。
そしたら、相手のプレイリストから自分の大好きな曲が耳に飛び込んでくる嬉しさ!
その心の通じ合いは、もう愛の喜びといってしまっていいでしょう。

思わず飛び跳ねる程嬉しくなるそんな喜びに身を浸しながら
イヤホン着用のまま、
「もうだめ、踊らずにはいられない!!」って言って
ダンスホールに飛び込んで2人だけの音楽に合わせて踊るダンとグレタ。

やりたいっ!私もこんなデートがしたいっ!!
「もうだめ、踊らずにはいられない!!」って言わせたい。
こんなデートがした過ぎる大賞2015でした。

ラストで二人は、共に大きな決断をするんだけど
それはきっと、ダンとグレタは互いにエールを贈り合う関係になったのだな。
と解釈しました。
「俺も頑張るから、お前も頑張れ」
って自分の問題にそれぞれが向き合う。
とても爽やかなラストだったと思います。

とにかく舞台といい、演出といい「日常が音楽できらめき出す」が余すことなく描かれた
身体を揺らせて心を満たす素敵音楽ムービーでした。

サントラも最高!

ちなみにジョン・カーニー監督にとっての「はじまりの作品」。こちらも最高のミュージック映画。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク