「あのこは貴族」感想・考察、クラゲ男性の目醒め

本作は映画好きの中では、2021年最高の邦画として語られることも多い名作だ。

日本が誇るシスターフッド作品として、大きな反響があったので、そうした側面や見えない階級の可視化などはすでに多分に考察、批評されている。ここでは、少し視線を変えて、本作のもう一人の主人公である「クラゲ男子」こと青木幸一郎にスポットを当ててみる。

スポンサーリンク

作品情報

監督・脚本
岨手由貴子
原作
山内マリコ
キャスト
榛原華子:門脇麦
時岡美紀:水原希子
青木幸一郎:高良健吾
相良逸子:石橋静河
平田里英:山下リオ

公開
2021年2月26日
上映時間
124分

【あらすじ】
同じ都会に暮らしながら全く異なる生き方をする2人の女性が自分の人生を切り開こうとする姿を描いた人間ドラマ。

都会に生まれ、箱入り娘として育てられた20代後半の華子。「結婚=幸せ」と信じて疑わない彼女は、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手段でお相手探しに奔走し、ハンサムで家柄も良い弁護士・幸一郎との結婚が決まるが……。一方、富山から上京し東京で働く美紀は、恋人もおらず仕事にやりがいもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。そんな2人の人生が交錯したことで、それぞれに思いも寄らない世界がひらけていく。

出演:門脇麦、水原希子×監督・脚本:岨手由貴子×原作:原作:山内マリコ(「あのこは貴族」集英社文庫刊)今、最も旬なキャスト・スタッフが贈るシスターフッドムービーの新境地。 絶賛公開中!

※ネタバレします。ご注意ください

流れに身を任せる「クラゲ男子」だからこそ繋がった数奇な縁

幸一郎は日本の政界に深く根をはる家系の男子であり、いわば日本を動かしてきた超貴族ともいえる存在である。
「東京というのは違う階層の人とは出会わないようになっているんだよ」とは華子の友人である相良逸子の言葉だが、彼はどうして階級の違う2人の女性と関係し、またすんなり離れたのだろうか。

原作を読んでいないので、本映画の考察となるが、つまるところ彼は、長いものに巻かれる+なるようになれという無抵抗主義を持ち合わせた「クラゲ男子」なのである。

家が与えた役割に従順であり、その役割に適しているという理由だけで、自由恋愛観との葛藤を一切持たず華子と結婚。父が他界し、出馬を促されると、弁護士を辞めて議員活動を始める。

全く毛色の違う世界で生きる美妃に誘われるまま安居酒屋で歓談し、華子に関係がバレればすんなり縁を切り、そのくせ華子がアイデンティティに目覚め、離婚を迫られるとあっさり受け入れる。

「無抵抗な大黒柱」という悲しい男性の象徴

「お前は何がしたいんだ」とここまで読めば誰でも思うだろうが、哀しい男性性に付いて回る「大黒柱バイアス」(世帯を守るために自分がなんとかしなければならない)を自分にかけている。

だが、幸一郎はそれだけに留まらない。大黒柱バイアスのある人間は、家の名前に傷が付くことを怖れるものだし、女性を縛り付け従属させる有害な男性性を発揮しがちだが、彼はほとんど全てがどうでも良いように見える。

対して、華子は自分自身の大切さや願いに気付き、大きな決断を下した。これこそ本作の大トリともいえる部分だが、同じ階級にいたと信じていた幸一郎にとっても大きなショックだったことは明らかだろう。

自由の海を泳ぐ女とただの男の邂逅

朝日新聞のインタビューの中で門脇麦は、幸一郎と華子が出会うラストシーンについて、以下のように語っている。

しがらみや先入観を抜きにして、やっと一個人として出会えた喜びというか。「共に乗り越えたよね」みたいな、旧友に会うような気持ちでした。やっと皮をかぶらずに対峙(たいじ)できるうれしさみたいなものも出ていて、それでラストシーンも変わったんですよね。

彼にとって華子と出会い、嫁として家に入ってくるまでは大きな流れの一部に過ぎなかったかもしれない。しかし、同族だと思っていた華子の突然の叛意と不在によって、彼の中にあった人間味が顔を出したのではなかろうか。

それがラストシーンで「彼女に声をかけること」につながり、最後のバイオリンコンサートへ顔を出すことに表れているのだろう。

そして満足そうな華子の姿を目にして、「もしかしたら自分があそこに立っていたかもしれない」というifを想像したかもしれない。

それはクラゲ男子の彼が漂っていた世界は、実はさまざまな生物がいる大きな海だったという発見であり、同時に、自分の力で泳いで移動できるという気付きの物語だったのではないだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク