映画パターソン に出てくる詩人、詩作まとめ

※ネタバレしません。

パターソン公開ポスター

監督も言っているけれど、映画としてはディティールを、作品としては「一編の詩」としての会話の間の取り方や演出を楽しむ作品だと思います。間違ってもストーリーは追ってはならない。起承転結なんてもってのほか。

基本情報

監督・脚本
ジム・ジャームッシュ
公開
2016年(米国),2017年(日本)
製作国
アメリカ合衆国、ドイツ、フランス

キャスト

アダム・ドライバー:パターソン(バス運転手)
ゴルシフテ・ファラハニ:ローラ(パターソンの恋人)
ネリー:マーヴィン(イングリッシュ・ブルドッグ)
バリー・シャバカ・ヘンリー:ドク(バーのオーナー)
ジョニー・メイ:ドクの恋人
トレヴァー・パラム:サム(バーの友達)
トロイ・T・パラム:デイヴ(サムの兄弟)
リズワン・マンジ:ドニー(バス車庫長)
ウィリアム・ジャクソン・ハーパー:エヴェレット(恋に悩む男)
チャステン・ハーモン:マリー(エヴェレットが恋する女)
クリフ・スミス:メソッド・マン(コインランドリーのラッパー)
スターリング・ジェリンズ:若い詩人

スタッフ

美術:マーク・フリードバーグ
衣装 :キャサリン・ジョージ
音響:ロバート・ハイン
撮影:フレデリック・エルムズ
編集:アルフォンソ・ゴンサルヴェス
音楽:Sqürl(ジム・ジャームッシュ、カーター・ローガン、シェーン・ストーンバック)
プロデューサー:ジョシュア・アストラカン、カーター・ローガン
エグゼクティブ・プロデューサー:ダニエル・バウアー、ロナルド・ボズマン、ジャン・ラバディ、オリヴァー・シモン
提供:アマゾン・スタジオ、アニマル・キングダム、インクジェット・プロダクションズ、K5フィルム、Le Pacte
配給:ロングライド(日本)

出品、受賞、ノミネーション

ラボール シネマ&映画音楽祭 イビスドール最優秀映画賞
第21回ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀男優:アダム・ドライバー
第20回トロント映画批評家協会賞 最優秀男優賞:アダム・ドライバー
第69回カンヌ国際映画祭 オフィシャルコンペティション出品

あらすじ

パターソン(アダムドライバー)はニュージャージー州、パターソン市のバス運転手。
彼の一日は午前6時すぎ、隣にむ寝る妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスすることから始まる。
朝食をとり、家から車庫まで歩いて、運転手としての乗務をこなすパターソン。フロントガラスに広がる街を眺め、周囲の会話に耳を傾けるうち、彼の中に詩が生まれる。それを彼は秘密のノートに書きとめて行く。帰宅後はローラと夕食、そして愛犬マーヴィン(ネリー)と夜の散歩。バーへ立ち寄り、一杯だけ飲んで、ビールの匂いと共にローラのそばで眠りにつく。
そんな変わりない毎日の中に起きる小さな出来事(当人達にとっては大きな出来事)がかたち作る毎日を描いた作品。

監督ージム・ジャームッシューより

「パターソン」は、ひっそりとした物語で、主人公達にドラマチックな緊張らしき出来事は一切ない。物語の構造はシンプルであり、彼らの人生における7日間を追うだけだ。「パターソン」はディティールやバリエーション、日々のやりとりに内在する詩を賛美し、ダークでやたらとドラマチックな映画、あるいはアクション志向の作品に対する一種の解毒剤となることを意図している。本作品は、ただ過ぎ去っていくのを眺める映画である。例えば、忘れ去られた小さな街で機械式ゴンドラのように移動する公共バスの車窓から見える景色のように。

出てくる詩人

私はこういう映画の中のうんちくや実在するものとリンクする感覚がとても好きなので、なるたけ映画に出てくる実際のものは書いておいてみなさまと共有したいと思う。

本作の主人公は詩人だし、パターソンという映画も詩からインスピレーションを強く受けている。
背景にある詩を知る事で本作への感想や印象はより色濃くなると思う。(多分)

①ウィリアム・カーロス・ウィリアム(1883-1963)

本作「パターソン」のモデル詩を書いた人。劇中、日本人詩人(永瀬正敏)が持っていたのも同書。長編詩だ。

本編にも出てくるとても有名な1遍。

「This Is Just To Say」

William Carlos Williams, 1883 – 1963

I have eaten
the plums
that were in
the icebox

and which
you were probably
saving
for breakfast

Forgive me
they were delicious
so sweet
and so cold

「ちょっと一言」

僕は食べてしまった
冷蔵庫に
入っていた
プラム

たぶんそれは
君が朝食のために
とって置いたもの

ごめんね
美味しかったよ
とても甘くて
冷たくて

私は、原書を読んでなくていきなり映画で知ったので、映画の中での意訳に近い形にしてます。(完全な字幕は忘れた…)

他、著者の有名詩
『The Red Wheelbarrow』は彼の一番有名な詩。らしい
http://www.poets.org/poetsorg/poem/red-wheelbarrow
『Landscape With The Fall of Icarus』
→ http://www.poets.org/poetsorg/poem/landscape-fall-icarus

②ロン・パジェット(1942-現77歳)

本作、主人公パターソンが詩作した作品は全て著者のもの。
旧作“Love Poem,” “Glow,” “Pumpkin,” “Poem.” -Collected Poems(2013)より-
新作”the run””Alone and Not Alone” “anther one””Water falls”他。
また、「Collected Poems」は2014ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ賞/及びロサンゼルス・タイムズ文学賞も受賞している。他、「how long」はピューリッツアー賞詩部門の最終選考作など

ネットの海を泳ぎに泳いだが、著作をプロどこかアマすら一人も邦訳しているものがなかった。
googleのAIのみが唯一、翻訳にチャレンジしてくれている。
著者の作品を邦訳したものを最も早く観れる唯一の作品がこの映画「パターソン」というわけである。
これを機に翻訳作品が出てきてくれる事を願う。

(でも一応一編紹介しておく、google翻訳と原文見比べで結構なんとかなる)

「Water falls」

Water falls
from the bright air
It falls like hair

Falling across a young girl’s shoulders
Water falls

Making pools in the asfalt
Dirty mirrors with clouds and buildings inside

It falls on the roof of my house
Falls on my mother
and on my hair

Most people call it rain

「水が落ちる」

明るい空気から水が落ちる
それは髪のように落ちる
若い女の子の肩に落ちる
水が落ちる

アスファルトにプールを作る
雲と建物が内側にある汚れた鏡

それは私の家の屋根に落ちる
私の母と私の髪の上に落ちる

ほとんどの人はそれを雨と呼びます

本作のなん遍かから感じ取れる印象は、とても素朴で、日常的な1センテンス、小さな点から広がっていく内宇宙、ささやかに広がる感情や心情の膨らみがとても心安らかな気持ちにさせてくれます。

一番特徴的なのは、オハイオブルーチップマッチを押し過ぎな“Love Poem,”ですね。
映画を観終わった後では、妙にこのマッチ箱が愛しく感じられるから不思議です。

オハイオブルーチップマッチ

③フランク・オハラ(1926-1966)

アメリカの作家、詩人,20世紀ニューヨーク派の代表的な人物。
オハラの詩は個人的なもので、「日記のようなもの」と評される事が多いです。
本作とも共通項が多く、非常に繊細でディティールに富んでいます。
著作”lunch times”が使われています。

こちらも出版物としては翻訳作品なし。

さすがに長くなりすぎますが、まだ1遍入れておきます。
お時間ある方はお付き合いください。

「The Day Lady Died」

It is 12:20 in New York a Friday
three days after Bastille day, yes
it is 1959 and I go get a shoeshine
because I will get off the 4:19 in Easthampton
at 7:15 and then go straight to dinner
and I don’t know the people who will feed me

I walk up the muggy street beginning to sun
and have a hamburger and a malted and buy
an ugly NEW WORLD WRITING to see what the poets
in Ghana are doing these days
I go on to the bank
and Miss Stillwagon (first name Linda I once heard)
doesn’t even look up my balance for once in her life
and in the GOLDEN GRIFFIN I get a little Verlaine
for Patsy with drawings by Bonnard although I do
think of Hesiod, trans. Richmond Lattimore or
Brendan Behan’s new play or Le Balcon or Les N??gres
of Genet, but I don’t, I stick with Verlaine
after practically going to sleep with quandariness

and for Mike I just stroll into the PARK LANE
Liquor Store and ask for a bottle of Strega and
then I go back where I came from to 6th Avenue
and the tobacconist in the Ziegfeld Theatre and
casually ask for a carton of Gauloises and a carton
of Picayunes, and a NEW YORK POST with her face on it

and I am sweating a lot by now and thinking of
leaning on the john door in the 5 SPOT
while she whispered a song along the keyboard
to Mal Waldron and everyone and I stopped breathing

「彼女が死んだ日」

金曜日、12:20、ニューヨーク
バスティーユ・デイの3日後、そう
1959年のこと、僕は靴を磨きに出かける
イーストハンプトンを4:19に発ち
7:15にはディナーに直行の予定だから
食べさせてくれる人は誰だろう

日が照りはじめ、蒸し暑い街を歩き
ハンバーガーをミルクでつめこみ、不細工な
ニュー・ワールド・ライティングを買い
ガーナの詩人の最近の仕事ぶりを見る
そのまま歩いて銀行に行くと
ミス・スティルワゴン(名前はリンダと聞いた)は
僕の残高を一度だって見たことはないが
さらにゴールデン・グリフィンでヴェルレーヌを
買う、子供だましのボナールのスケッチ付き
リッチモンド・ラティモア訳のヘシオドスか
ブレンダン・ビーアンの新しい芝居か
ジャン・ジェネのル・バルコンかル・ネグルも
考えるが、迷ったすえにヴェルレーヌにする

それからマイクにと思い、パーク・レインの
リカー・ストアに行き、ストレガを一本買い求めて
シックス・アヴェニューからきた道をもどり
ジークフェルト・シアターのタバコ屋に行き
いつものようにゴロワーズを一カートンと
ピカユーンを一カートンたのむが、彼女はうつぶせ

これでずいぶん汗をかき、ファイブ・スポットの
男子便所の扉にもたれようかと考えるが
ここで彼女は鍵盤の前でマル・ウォルドロンに
ささやきかけ、聴衆も私も息を止めたのだった

※レイディ・デイとはビリー・ホリデイの愛称であり、1959年7月17日事実ビリー・ホリデイの命日に当たる。

④ジョン・アッシュべリー(1927-2017)

20世紀後半で最も重要なニューヨーク派詩人の一人と目されている。
ジム・ジャームッシュ監督が影響を受けたフェイバリットフェイバリットに挙げる詩人の一人。

きわめて難解な詩をかきながら、評価はどんどん上がっているという不思議な詩人。抽象表現主義の絵画のような、表面を最も重視する前衛的な詩風ながら、その前衛性が正当に理解されている稀有な詩人。
フランスのシュールレアリズム派に影響を受けている。
受賞歴
ピューリッツァー賞、ナショナルブック賞、イェール・イヤー・ポエッツ賞、ボリンゲン賞、ルース・リリー賞、グリフィン・インターナショナル賞、マッカーサー「天才」助成金など、殆どのアメリカの詩の賞を獲得している。

作品は、難解過ぎる上に長いものしかなく、google翻訳と私の拙い英語力の併用では限界がある為、ここでは割愛させていただきます。

↓ここに「john-ashbery」と打ち込めば原文ですが、詳細記事及び作品も出ます。気合いと時間のある方は是非!
https://www.poetryfoundation.org/poets

⑤エミリー・ディキンソン(1830-1886)

双子の女の子の詩人との話の中に出てきた詩人です。女の子もパターソンもエミリー・ディキンソンが好きらしい。
てか、嫌いな人いなくない?
つい最近、映画化もしましたね。生前は全くの無名だったらしいですが、現在では19世紀世界文学史上の天才女流詩人の名声は不動のものです。どのような人物、どのような生き方だったのは実は多くは分かっていません。
まあとにかく一目見て分かるユニークさロマンと力強さを持った作品です。
私も詩集持ってます。大好きだし、めちゃカッコいい!!大好きな詩は数多くあれど、その1本を紹介しときます。

I dwell in Possibility –
A fairer House than Prose –
More numerous of Windows –
Superior – for Doors –

Of Chambers as the Cedars –
Impregnable of eye –
And for an everlasting Roof
The Gambrels of the Sky –

Of Visitors – the fairest –
For Occupation – This –
The spreading wide my narrow Hands
To gather Paradise –

私は可能性のなかに住んでいる
散文より立派な家に
窓かずもずっと多く
戸も一層すぐれている

それぞれの部屋には
目も侵せない西洋杉
永遠の屋根には
空の切妻屋根――

訪問者は美しいひとびとだけ
そしてわたしの仕事は
この小さい手をいっぱい広げて
天国をつかむこと

⑥ケネス・コック(1926-1997)

アメリカの詩人。劇作家。上述のフランク・オハラ 、 ジョン・アッシュベリーなどの詩人たちが、大きなインスピレーションを得た一人。
晩年はコロンビア大学で詩の授業を受け持っており、ジム・ジャームッシュ、ロンパジェットもケネスの生徒でした。
詩教育の先駆的な本「 願い、嘘と夢:詩を書く子供を教える」も発表し、詩教育に長年帰依した。
詩人としての最大の責任は「非常に意味をなさないことであり、事態を真剣に受け止めないこと」であると主張している。
本作(というよりジャームッシュ作品全般)においてもとても大切な事だと思う。

娯楽作品にすら、私達は多くの事を求め過ぎているし、受け取り過ぎているのではないかというメッセージがある。

おまけ⑦アレン・ギンズバーグ(1922-2002)

おそらくパターソン生まれで、日本で(というか世界的にもそうなのかな…)一番有名なのはアレン・ギンズバーグだ。
「路上」の作家ジャック・ケルアック、「裸のランチ」ともにビート文学というジャンルを生み出した一人。順応を迫られるも反逆を貫き、長髪にマリファナに髭という後の「ヒッピー」文化の産みの親達の一人だ。
寺山修司が大ファンだった事でも有名。
刊行まもなく発禁になった『吠える』、吐血する言葉達という形容を産んだ激烈な作品「カディッシュ」とまあジム・ジャームッシュとは縁が遠いのはすぐに分かるが、パターソン 詩人で調べると出てくるウィリアムーと二大巨頭です。

そしてクローネンバーグ監督で映画化もされてるぜ、裸のランチ(今知りました…すみません)

まとめ

かつてないほど、長文だが映画の感想が何もない。。。本作は映画のフォームをとった詩だと個人的には解釈しています。なので詩についての感想はダラダラ書くものではない!
多くのディティールに想いを馳せながら、眺めるように鑑賞する事をおすすめいたします。
そして観終わったら、詩の一編でも読んで一息つきましょう。そんな映画。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする