ストレンジャー・シングス 未知の世界 はこんな人にオススメしたい!

ストレンジャーシングス2ポスター

Netflixオリジナルドラマが今ノリにノッている!そんな話を聞き出して1年ほど、とうとう私もドツボにハマってしまったのが本作「ストレンジャー・シングス 未知の世界」だ。
本作は私にとってドツボだったわけだけど気づくまでに1年間もかかってしまった。シーズン2まで駆け抜けた時間は最高の時間だったけれど、もっと前に知りたかったよ…
そんな人が他にもいるのではないか?そんな私のようなのんびり屋のドツボさんのために、ここら辺がドツボならもう絶対観て!というポイントを紹介したいと思う。

基本情報

ジャンル
SF,超自然,ドラマ,ホラー,ミステリー,スリラー
製作者
ザ・ダファー・ブラザーズ
出演者
ウィノナ・ライダー
デヴィッド・ハーバー
フィン・ヴォルフハルト
ミリー・ボビー・ブラウン
ゲイテン・マタラッツォ(英語版)
ケイレブ・マクラフリン(英語版)
ナタリア・ダイアー(英語版)
チャーリー・ヒートン(英語版)
カーラ・ブオノ
マシュー・モディーン
ノア・シュナップ
デイカー・モンゴメリー
ジョー・キーリー(英語版)
セイディー・シンク(英語版)
ショーン・アスティン
ポール・ライザー
コンポーザー
Kyle Dixon & Michael Stein

アメリカ合衆国
言語
英語
シーズン数
2(2017.11.13時点)
話数
17
製作総指揮
Matt Duffer
Ross Duffer
ショーン・レヴィ
Dan Cohen
製作場所
ジャクソン、ジョージア州
放送時間
42-55 分
製作会社
21 Laps Entertainment
Monkey Massacre
番組販売会社、放送局
Netflix

Netflix

定額制ネット動画配信サービスNetflix
1ケ月は無料体型。以降は
ベーシックプラン月額650円
同時視聴可能数1/画質SD
スタンダードプラン月額950円
同時視聴可能数2/画質HD
プレミアムプラン月額1,450円
同時視聴可能数4/画質4K
※画質にこだわりがない人はベーシックで良いと思います。
Netflix公式HP 無料体験はこちらから!

あらすじ

1983年(シーズン1),のインディアナ州の架空の町ホーキンスが舞台。11月6日12歳の少年ウィル・バイヤーズが失踪する。少年の失踪を機にウィルの母ジョイスと警察署長のホッパーが必死の捜索を始める。その後も超自然現象と超能力を研究する研究所付近で不思議な出来事が連続する。少年たちと超能力を持つ謎の少女が出会い、力を合わせウィルを救い出すため邪悪な怪物と戦うため”裏側の世界”に入る。

ここからは、実際に私がドツボにはまったポイントを紹介していきたい。
こんなポイントにグッとくる人にオススメしたい作品である。

ドツボポイント(通称DP)①「少年四人組がチャリンコで地下室の溜まり場に集まる」

エッ!?そんなわかりづらいところからなの?と思うかもしれませんけど、この要素って常に名作の予感がはらんでいると私は思うんです。E・Tしかり、グーニーズしかり(一番の少年大作スタンドバイミーは歩きだったけど、むしろ線路だったけど。。)何が言いたいかってつまり、それが少年達にとってリアル(自転車)であって、同時にロマン(地下室の溜まり場)であり、アドベンチャーものとしては絶妙な配置(四人組)になるっていう要素をしっかり抑えてるってところだと思うんです。主人公少年達のリアルと夢とその先にあるアドベンチャーを描ける作品に違いない!と胸を踊らせる事ができるんです。本作の場合はこれはもう大当たりでした。出来の良いスーパー8ですよ(笑)私はスーパー8も大好きな映画ですけれど

DP②「挿入歌が80SPOP&BGMはレトロウェイヴ」

時代感の没入具合が絶妙なんです。80Sが持つどの時代とも結びついてない独自な感覚ってすごく本作にハマってて、実質舞台はホーキンスって町だけで完結する、いわゆるクローズドサークルな作品世界なんですがそれがより一層感じられるBGMだし、音楽だけじゃなく本当に多くの点で80Sのクラシカルな雰囲気を徹底して再現してます。それでいて懐かしさを演出する(これは少年達が主人公なのも含めて)その一つが挿入歌だと思いました。ここら辺もマジでドツボだらけでしたね。

シーズン1の挿入歌達まとめ
Every Breath You Take – The Police
Should I Stay or Should I Go (Remastered) – The Clash
Hazy Shade of Winter – The Bangles
Nocturnal Me – Echo And The Bunnymen
Sunglasses at Night – Corey Hart
Girls on Film – Duran Duran
Atmosphere – Joy Division
Twist of Fate – Olivia Newton-John
The Ghost in You – The Psychedelic Furs
Africa – Toto
You Don’t Mess Around With Jim – Jim Croce
Runaway – Bon Jovi
Time After Time – Cyndi Lauper
Talking in Your Sleep – The Romantics
Back to Nature – Fad Gadget
Rock You Like a Hurricane – Scorpions
Heroes – Peter Gabriel
Elegia – New Order
Ost: Stranger Thingsより抜粋。

DP③「少年少女の純粋無垢な恋!」

まあシーズン2のラストを観ると一発なんですけれど、これは少年四人組の一人空想少年マイクと謎の超能力少女エルの無垢な恋物語なんです。愛じゃないですよ!恋ですよ。ここが重要ですね。「小さな恋のメロディ」はもちろん、「恋しくて」なんかもそうですけど、ティーンズの恋物語もう大好物なんですよ!
不器用なのも、素直なのも、素直じゃないのも(二人は素直じゃない感ないけど)、うまく言葉に出来ないけれどそれがなんだか心では分かっているような描写も、激しすぎる情熱的なのじゃなくて素朴な「気づくと彼女の事を考えてしまうし、目で追ってしまう」みたいなやつ。あくまでSFだし、ホラーだし、スリラーだからそこまでラブリーじゃないですけど、そういう素朴な恋物語が要素としてあるのは声を大にして言っておきたい。

DP④「戦慄ホラーと思いきやSFスリラーアドベンチャー!」

私、実はマジなホラー全然ダメな人です。大したことないと言われるブレアビッチ・プロジェクトですら見た後、目を瞑るのが怖くてしばらく眠れなくなったくらいです。エクソシスト、リング、呪怨は100%無理です。なので本作も敬遠してたんですが、全然、大丈夫でした。びっくりする描写がないんです。めちゃくちゃ速いクリーチャーとかが画面の見切れ部から突然インしてくるアレあるじゃないですか。めちゃビビるやつ。ああいうのはないです。めちゃグロもありません。
むしろXファイル的な「サイキックな超常現象 meets 人に害成す未知の生物」という取り合わせなので、SFスリラーアドベンチャーと表現するのがふさわしいと思います。アドベンチャーは少年少女、スリラーは大人、SFは半々という感じで展開するからどの世代の目線でも楽しめるという配慮はきっちりしてある気がします。

DP⑤「慈愛と偏見のない目に満ちた大人達」

本作のぐいぐいハマっちゃう点は、ストーリーを引っ張るスリラーパートで魅力に満ち溢れた大人。
失踪したウィルの母ジョイス(ウィノナ・ライダー)とホーキンス警察署署長ジム・ホッパー(デヴィッド・ハーバー)がバリバリ行動していく点です。
お前ら天才かよって位核心に向かってそれぞれ行動していく。観るのが止まらなくなる要因の一つですが、それとは別にもう止まらないを超えて大好きになっちゃうDPが、ジョイスは息子にウィルに対してこれでもかってくらい心配して、熱を帯びて探すし、ジムもそんなジョイスに対してしっかりと職務で応えようとする。
子供や隣人に対してきちんと愛を持って接する大人が出てくる。彼らはしかも偏見がない。ありえない超常現象を考察し、結果を仮定する事ができる。とても有能に描かれている。
しかもその大人達を子供達はきちんと尊敬している。そういう描写がそこかしこにあるのが素晴らしい。
そんな「赤毛のアン」や「飛ぶ教室」のような名作児童書の素敵な大人要素をきちんと踏まえてもいるのも、大好きなところ!

DP⑥「でもやっぱり子供達が活躍する」

ここで大人が美味しいところを持っていくなら、もうこの作品を私はそこまで推しませんよ。クライマックスで子供が大人の陰に隠れてしまっていたら!なんて事だ!ジーザス!です。大人もわからない事を子供達はちゃんと知っているし、子供達の空想や発想にむしろ大人達が手足となる。そういう爽快な描写があるのがとっても本作の素敵なところです。

DP⑦「不良な優ダメ男が出ている」

実は大人パート、少年少女パート、高校生三角関係パートの三層構造なんですが、高校生パートにスティーブ(ジョー・キーリー)っていう不良の優ダメ男がいるんです!始めはプレイボーイな悪役気味に出てくるんですけど、話を重ねていくと実は根はナイーブなの分かってきて、出てくる間も大抵悪いし、ケンカも実は弱いしで、全くもうっ!ってこういう愛しいダメキャラいるの大事ですよね。

DP⑧「”裏側の世界”の設定」

「裏側の世界」の設定だけがファンタジーだ。魔法が存在する世界感では一般的であっても、サイキックでは外側の世界といえば宇宙か時空の彼方だった。そこを繋ぎ合せた先にエイリアンやプレデターに近い未知の怪物を配置してあるところに本作のとても優れた点があると思う。この”裏側の世界”という1点のみがファンタジー的なために、本作はSFスリラーアドベンチャーとしても斬新な作品になっている。(これはドツボというよりスッゲーポイントだけど)

おまけ

製作者のザ・ダファー・ブラザーズ(英語版)は本作に1980年代のポップカルチャーへのオマージュを込め、スティーブン・スピルバーグ、ジョン・カーペンター、スティーブン・キングなどからの影響がみられる。

まとめ

ドツボポイントだけを紹介したので、全体の概要に霧がかかってますが…まあ大事なのってハマるポイントがあるかどうかとだと思ってますので、上の部分に少しでもそれなら。って手が動いてくれたらこれほど嬉しい事はないですね!何が一番言いたいかって、17話 13時間駆け抜けた時間は最高の時間でした、面白かったぜって事!スッゲー良いシーンも盛沢山!語りたいくらい!まとまらなくなってしまいますので、まあここら辺で!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村